お内仏のお荘厳

お内仏のお荘厳

お内仏(お仏壇)のおかざりについて

 

真宗では、朝夕のおつとめをする我が家のお仏壇のことを「お内仏(おないぶつ)」と呼んで親しんできました。そのおかざりは「お荘厳(おしょうごん)」といわれ、細部にわたっていろいろな決まりや約束ごとがあります。ここでは「平常のお荘厳」、「年忌法要のお荘厳(三具足)」、「報恩講のお荘厳(五具足)」に分けて特徴を解説します。

※ 画像は、一例としてフルサイズのお仏壇で説明していますが、ご家庭のお内仏の大きさにより、お荘厳の一部が異なる場合があります。

※ 画像は、名古屋教区発行の『真宗大谷派 お内仏のお荘厳』より転載しました。

 

【平常のお荘厳】朝夕のお勤めをする時のおかざりです。

・鶴亀の燭台、土香炉、花瓶が一つずつの三具足。

・輪灯に点火します。

・線香は立てずに土香炉に入る大きさに折って寝かせます。

・ロウソクは点火しません。

・打敷は用いません。

・お仏備(お仏飯)は、盛槽(もっそう)を用いて円筒形に形作り、朝のお勤め(お朝事)のあとにお備えし、正午にお控えします。

 

【年忌法要のお荘厳(お正月、お彼岸、お盆もこのお荘厳が基本となります)】

・鶴亀の燭台、土香炉、花瓶が一つずつの三具足。

・朱蝋を用います。

・打ち敷を用います。(夏用と冬用があります)

・供筍(くげ)にお供えの白もち、白いお饅頭などを1対お供えします。

・その他は平常のお荘厳に準じます。
PDFファイルを表示


【報恩講のお荘厳(お入仏も含みます)】

・鶴亀の燭台、花瓶が1対と土香炉1つの五具足。

・五具足の仏具がない場合は、三具足で構いません。

・その他は年忌法要のお荘厳に準じます。

お内仏のお荘厳は、極楽浄土の様子を目に見える形で、象徴的に表現してあるといわれます。全体が金色で表現されているのは、「すべてのモノやコトが光り輝く世界」を表しています。
朱蝋、打敷、お華束(お供えのお饅頭)が特徴です。
鶴亀の燭台と花瓶が1対で用いられる、最も厳かなお荘厳です。
お問い合わせ